トップへ » 当院が選ばれる理由 » 予防歯科とは

予防歯科とは

おいかわ歯科医院は予防を第一に考えています。
予防歯科はなぜ大切なのか虫歯をテーマにその事について少し書きたいと思います。

予防歯科

当たり前の事ですが、虫歯にならないのが一番です。なってしまった場合は、その部分を取り除き、別の物で置き換えるという処置になります。あまりに虫歯が大きい場合や歯が使える状態ではない場合は残念ながら抜かなければならない事もあります。
(その後の処置に関しては歯を失ってしまったを参照)

つまりは置き換えて、なるべく本来の健康な状態になるべく近付ける、という処置です。
なので治療となれば、歯は削らないといけません。もちろんなるべく削らないようにするのですが、やはり削らないのが一番です。

そして、お口の中はみなさんの想像以上に非常に過酷な環境です。

365日、熱いもの、冷たいもの、硬いもの、弾性のあるものなどを噛み砕いたり、噛みちぎったりという環境の中で、歯とつめ物、かぶせ物の間には目では確認できないほどの隙間がどうしても生じてしまいます。その隙間が大きくなると虫歯菌が入り込み虫歯となります。

こうして再度治療が必要となります。この回数、速度があまりに早いと、
つめ物→かぶせ物→抜歯 となってしまいます。
歯みがき
この流れを少しでも防ぐためには、
1.規則正しい生活、歯みがき習慣
2.定期検診、クリーニング
3.もし、虫歯が見つかったら早期治療

虫歯や歯周病のリスクの大きさは人それぞれです。

治療に当たっては、それぞれのお口の中、ニーズに合ったつめ物、かぶせ物の形成状、材料を相談のもとで決めてゆきます。分からない事、気になる事は気兼ねなくご相談ください。

定期メンテナンスと残存歯数の関係

治療が終了するとほとんどの患者様は、痛みがない限り歯医者さんに来院されません。来院されない場合は、どのようになるかグラフを見てみましょう。縦軸が残存歯数、横軸が年齢を表しています。
定期メンテナンスと残存歯数の関係
結果は、定期的に受診された患者さんは、80歳で20本以上歯が残っています。それ以外の患者さんは、80歳でほとんどの歯を失っています。

関連ページリンク

■当院が選ばれる理由
一般歯科(虫歯治療)小児歯科審美歯科・ホワイトニング
予防歯科とは予防歯科(クリーニング)歯周病治療インプラント治療:当院の考え方インプラント治療
入れ歯患者さまの声料金表医療費控除

■ドクター紹介・経歴
院内ツアースタッフ紹介スタッフ募集
アクセス・診療時間患者さまへのお願い
プライバシーポリシー

カウンセリングを行います

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 予防歯科とは